過払い金請求の思わぬ落とし穴…実はデメリットだらけ?メリットは?

過払い金を請求することの意味やデメリットについて分かりやすくまとめてます。

クレジットカードにどんな影響があるかについても理解でき、誰に相談すれば良いかも分かります。

テレビCMなどで過払い金の請求ができることを知った人もいると思いますが、デメリットがない手続きではありません。

注意するべきポイントがいくつかあるので、しっかりと確認をして請求することが重要になります。

このページでは、クレジットカード会社に過払い金の請求をする場合とアコムのような銀行系の消費者金融に請求する場合のデメリットについてまとめてます。

過払い金の請求とは?

過払い金は、借金の返済で払いすぎてしまったお金のことをいいます。

法律上の制限を上回る金利で返済を継続していると、本来は、すでに借金の返済が終わっているのに、まだ返済を続けている状態になります。

その後、借金の返済が終了すると本来の支払うべき金額を上回って返済したことになります。

この払い過ぎてしまったお金のことを過払い金といい、法律上の手続きに従って請求すると返還が認められることになります。

クレジットカード会社に請求する場合のデメリット

クレジットカード会社に対して過払い金を請求するデメリットは、ショッピング枠まで使えなくなることです。

過払い金を請求したクレジットカード会社は、まずは契約を解除してクレジットカードのすべての機能が利用できなくなるからです。

同様にETCカードの発行をしている方は、ETCカードも使えなくなるデメリットが生じます。

また、クレジットカードで公共料金などの引き落としをしている方は、事前に支払方法の変更手続きをするようにしてください。

銀行系の消費者金融に請求する場合のデメリット

たとえば、銀行のカードローンと、その銀行系の消費者金融から借入れしている方が消費者金融に対して過払い金の請求をすると、銀行カードローンまで利用できなくなるケースがあります。

はっきりと断言できる情報ではありませんが、銀行カードローンの利用が中止となり、返済専用のカードになったという方もいます。

もし、このような状況で過払い金の返還請求をする場合は、このデメリットを回避するため、他のカードローンへの影響についても詳しい弁護士や司法書士に相談する必要があります。

まとめ

過払い金は、消費者金融やクレジットカード会社に対して払い過ぎてしまったお金のことです。この払い過ぎてしまったお金を請求して取り戻す手続きをすると、クレジットカードが利用できなくなったりするデメリットがあります。

また、他のカードローンまで影響が及ぶこともありますので、請求する場合は、過払い金に詳しい弁護士などに相談するようにしましょう。