自己破産で借金の返済を帳消しにする方法|メリット、条件、注意点は?

自己破産で借金が消える仕組みが分かります。

手続きをすることのデメリットや多くの人が勘違いしている点についても詳しく説明してます。自己破産でも消えない返済も理解できます。

自己破産に対してネガティブなイメージを持つかもしれませんが、この手続きは、借金の返済ができなくなってしまった人を救済するための制度です。

借金の返済ができなくなってしまった方は、原則、誰でも救済してもらいます。

ただし、この手続きには、いくつかのデメリットがありますので、しっかりと確認してから手続きをするようにしましょう。

自己破産の基本

自己破産は、破産法という法律に定められている手続きを行い、裁判所から免責許可の決定が受けられると、原則としてすべての借金の返済義務がなくなるというものです。

分かりやすくいうと、借金の返済が不能となっている人の借金がすべてなくなる手続きのことです。

一見すると単純に借金がなくなるように思われますが、デメリットについても理解するようにしてください。

自己破産のデメリットについて

自己破産によるデメリットは、約10年間は、新たなローンの利用やクレジットカードが使えなくなります。

また、自宅や自動車などを所有している方は、手続きの中で債権者への返済に充てられてしまいます。

さらに、家族に借金の事実を隠していた方は、自己破産をすることにより、家族に知られてしまう可能性もゼロではありません。

また、クレジットカードの現金化をしてしまったり、財産隠しをする、あるいは、特定の債権者にだけ返済をしてしまうと、自己破産そのものができなくなります。借金の原因がギャンブルの場合も同様です。

これ以外にも自己破産によるデメリットは、いくつかありますので、手続きを依頼する弁護士にしっかりと確認しておくようにしましょう。

自己破産についての誤解

自己破産は、一般に誤解されている部分が多い手続きです。

選挙権が制限されたり、住宅を借りることができなくなる、戸籍などに破産したことが記載されるなどありますが、これらはすべて誤解です。

また、海外旅行に行けなくなるという誤解もありますが、これは、手続きが終了するまでの間に一定の制限があるだけです。

基本的に免責許可が得られれば、それ以降は、借金がない日常生活に戻るだけです。

まとめ

自己破産は、多額の借金を抱えている人を救済する手続きですが、デメリットがあるのも事実です。

一定期間ローンが組めなくなったりしますので、しっかりと理解してから手続きすることが大切です。

なお、財産を隠したりクレジットカードの現金化などをすると、自己破産による救済手続きが使えなくなりますので十分に注意してください。