もしかして申し込みブラック!?取り消す方法や審査に通る方法は?

申し込みブラックの意味について分かりやすく解説してます。

ブラックとなってしまった場合の対処のしかたや注意しなければならない点についても、すぐに理解できるようにまとめてます。

申し込みブラックになると、カードローンやクレジットカードの審査に通りにくくなると言われてます。

しかし、申し込みブラックの状態は、永久に続くものではなく、一定の期間が経過するとブラックではなくなります。

申し込みブラックの基本的な内容と注意点についてまとめてありますので、確認しておくことをおすすめします。

申し込みブラックとは?

一般に申し込みブラックは、1ヶ月以内にカードローンなどの同一サービスに3回以上の申し込みをした状態といわれています。

4回目は絶対に審査に通らないかというと、断言できるわけではありません。

しかし、似たような金利、条件のサービスに申し込んで3回審査に通らなかったので基準を満たしていないと考えることもできます。

また、消費者金融への申し込みで、すでに年収の3分の1近くの借入れがある場合は、法律上の問題により融資できないだけの場合もあります。

そのようなときは、銀行のカードローンに申し込んでみると審査に通る場合もあります。

申し込みブラックであるときの対処法

自分が申し込みブラックだという場合は、6ヶ月待ってから審査を受けるようにしてください。

カードローンやクレジットカードへの申し込みは、申し込みをした日から6ヶ月間は、信用情報機関に情報として残ります。

また、金利の低い銀行カードローンばかりを申し込んでいた方は、消費者金融を選んで申し込んでみるのもおすすめです。

金利は高いですが、一般に銀行よりも審査に通りやすいと言われているので、基準をクリアしている可能性があるからです。

申し込みブラックでも闇金融には手を出さない!

申し込みブラックとなった方の注意点は、間違えても闇金融には手を出さないことです。

闇金融に手を出してしまうと、弁護士が介入しない限り解決できないトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

闇金融に手を出すくらいなら、他の方法でお金の問題を解決することを考えるようにしてください。

借金の返済で困っていたり、生活が困窮しているときは弁護士に相談することで救済方法について検討してもらいます。

まとめ

申し込みブラックは、1ヶ月以内に3回以上、クレジットカードや消費者金融などに申し込んだ状態のことです。

申し込みブラックだからといって審査に通らないわけではありませんが、別の方法についても考えてみる必要があります。

また、審査に通らないからといって闇金融に手を出してしまうと、解決が難しいトラブルに巻き込まれることがあるので注意するようにしてください。