闇金の取り立てを解決する方法!闇金からお金を借りた人の末路とは

闇金の取り立ての手口は、思いのほかシンプルです。

取り立てをやめさせる方法や誰に相談すればいいかも簡単に分かります。

闇金の基本について徹底的に分かりやすく解説してます。

闇金の取り立てときくと、物騒なイメージがありますが、正しく対処をすれば怖いものではありません。

闇金の存在自体が違法であるので、法律的には、借金をした契約は無効であり、返済する必要もありません。

闇金についての正しい情報について理解し、取り立てに対する対策をしっかりと行うことが重要です。

闇金とは?

闇金というのは、貸金業法に違反して設立された組織のことです。

お金を貸すことをサービスとするためには、国による基準を満たして、登録をしなければいけません。

そのような手続きを経ないで設立された組織は、金融機関ではありません。

また、闇金からの借金は、民法でいうところの公序良俗違反や不法原因給付に相当するので、違法な貸付となりそもそも無効という扱いになります。

お金を返せと請求してくるのは事実ですが、法律上は、返済不要の借金という位置付けになります。

取り立ての手口について

闇金の取り立ての手口は、主に自宅や職場に訪問する方法です。

最近では、乱暴な言動をするだけで逮捕されてしまうので、強引な取り立てをするわけではありません。

しかし、家族や職場に内緒にしている方の場合は、訪問する行為そのものが脅迫となります。

闇金の人間は、借入れした人が家族や職場にバレるのは困ることを理解した上で訪問しています。

開き直った人に対しては、手も足も出ないというのが実情になります。

取り立てをやめさせる方法

闇金からの取り立てをやめさせるには、弁護士に依頼するのがおすすめです。

弁護士を代理人に立ててしまえば、直接、本人に請求することができなくなります。

ただし、弁護士に費用がかかってしまうので、闇金以外からの借金もあり、債務整理を依頼するときに有効になります。

弁護士に相談できない事情があるときは、警察や消費者生活センター、日本弁護士連合会などに闇金の通報や相談窓口があるので、それを利用するようにしてください。

まとめ

闇金は、貸金業法にのっとって設立された組織ではないので、そもそもお金を貸すことをサービスにできない存在です。

闇金からの借金は、民法上の公序良俗違反などを理由に、そもそも最初から無効で返済をする必要もありません。

闇金の取り立ての手口は、自宅や職場に訪問するやり方ですが、強引な手段による取り立てについて心配する必要はありません。

闇金からの取り立てをやめさせるには、弁護士に代理人を依頼するか、警察や消費者生活センターなどの相談窓口を利用するようにしましょう。