【デマの可能性も】債務整理の本当のデメリットは?リスクを解説

債務整理をすることによる配偶者やクレジットカード、自動車や住宅などへの影響についてまとめてます。

単純に借金が少なくなったりなくなるわけではない理由についても理解できるようになります。

債務整理は、借金の返済に困っている方を救済するための手続きですが、デメリットがあるのも事実です。

単純に借金が減額されたりなくなったりするだけではありませんので、手続きについてしっかりと理解しておくことが重要です。

債務整理の主なデメリットを分かりやすくまとめてますので、確認しておくことをおすすめします。

配偶者への影響について

債務整理をすると、配偶者(奥さんや旦那さん)に影響を及ぼす場合があります。

まず、借金をしていたことを内緒にしていた場合は、手続きを進める中でバレる可能性があります。

裁判所や法律事務所からの郵送物、あるいは、債権者の誰かが自宅に訪問してくる可能性もゼロではありません。

また、配偶者が連帯保証人になっているローンがある場合は、配偶者の債務整理も必要になる場合があります。

連帯保証人は、借金をした本人と同じ責任がおよびますので、配偶者に対して一括請求されることもあります。

クレジットカードが使えなくなる!

債務整理をすると、現在利用しているクレジットカードは使えなくなります。

クレジットカードの残債があり、クレジットカード会社に対して借金の減免を求めない場合は、返済専用のカードとなります。

また、債務整理をすると、新たにクレジットカードを作ることが5年から10年は難しくなります。

クレジットカードで公共料金の支払などをしていた方は、手続きの前に引き落とし先の変更をすることになります。

自動車ローンを返済中の注意点!

自動車ローンを返済中に自己破産をすると、自動車が換金されて債権者への返済に充てられることがあります。

地方に住んでいる方は、自動車がないと生活が難しくなることもありますので、自己破産以外の債務整理を検討することになる場合もあります。

任意返済による債務整理を選ぶ場合は、自動車ローンの返済が続き、消費者金融の借金は元本だけの返済になります。

手続きにより借金が残ってしまうのも、債務整理のデメリットの1つです。

住宅ローンが残っていると家がなくなる?

住宅ローンの返済中の方は、自己破産をすると自宅を手放すことになります。

どうしても自宅を手放したくないときは、個人再生の債務整理を選ぶことになります。この手続きを選ぶときは、住宅ローンの借金は減らず、大幅に減額された他の借金についても返済義務が残ります。

また、任意整理も同様ですが、減額された借金の返済ができないときは、借金が元の金額に戻ります。

減額された借金については、絶対に返済しなければならないので、精神的な負担が大きくなるのもデメリットといえるでしょう。

まとめ

債務整理は、借金が少なくなったりなくなったりするだけの手続きではありません。

それぞれの手続きにデメリットがありますので、しっかりと理解しておくようにしてください。

債務整理の全種類をわかりやすく解説!手続方法&メリット・デメリットも

債務整理の種類の違いが分かるように、徹底的に分かりやすい表現でまとめてあります。

メリットやデメリット、お金の問題について、誰に相談すればいいかもすぐに分かります。

債務整理には、任意整理や個人再生、自己破産などがあります。

債権者との話し合いによる和解を目指す、特定調停もありますが頻繁に利用されるものではありません。

このページでは、任意整理と個人再生、自己破産の3つの種類の債務整理について分かりやすくまとめてます。

任意整理の手続きについて

任意整理というのは、法律の手続きによらない弁護士による借金減額の手続きです。

債権者との話し合いを行い、金利を免除してもらう代わりに元本を3年以内の分割払いで返済することを条件に和解をします。

お金を借りた人にとっては、借金の金利負担がなくなり、金融機関にとっては自己破産を回避でき、元本を回収できる可能性が高くなることがメリットです。

個人再生の債務整理について

個人再生による債務整理は、住宅ローンの返済を継続したまま、他の借金について大幅に減額してもらう方法による、法律上の救済制度です。

任意整理に比べると、手続きが認められることが難しく、費用もかかります。この債務整理の特徴は、住宅だけは維持できることです。

また、借金の総額が5000万円以上あったり、債権者と債権額で半数以上の同意が得られる必要があります。

債務整理を依頼した弁護士が個人再生の方針を決めたときにのみ、できる手続きになります。

自己破産について

自己破産は、原則、すべての借金の返済義務について免除してもらう法律上の手続きです。

債務整理を依頼した弁護士が裁判所に申し立てを行い、裁判所から免責許可の決定が得られると借金がなくなります。

ただし、税金などの特定の債務については、自己破産によっても消えることはありません。

また、ギャンブルなどが借金の理由になっている場合に、免責許可が得られない場合がある点に注意が必要です。

免責許可が得られるかどうかは、債務整理の経験が多い弁護士に相談して見るのがおすすめです。

まとめ

債務整理の種類には、任意整理と個人再生、自己破産などがあります。

比較的に多く行われている手続きは、任意整理と自己破産です。

任意整理は、代理人として依頼した弁護士と債権者による話し合いで、金利の免除をしてもらう代わりに元本の部分を分割払いで返済する和解を目指します。

個人再生は、住宅ローンがある方が住宅ローン以外の借金について大幅に免責してもらう手続きです。

自己破産は、税金などの特定の債務を除きすべての借金がなくなる救済手続きですが、ギャンブルなどが借金の理由の場合は、自己破産が認められないこともあるので注意が必要です。