信用情報を開示請求する時のリスクとは?手数料以外のデメリットは?

信用情報の開示におけるデメリットについてまとめてます。

開示請求をしたことが問題になるのか、その他のデメリットが生じるのかについて徹底的に分かりやすく解説してます。

信用情報機関に対して自分の信用情報の開示を請求すれば、自分がいわゆるブラックかどうかの確認ができます。

しかし、信用情報の開示にデメリットがあると思い、開示請求の手続きを悩んでいる人もいると思います。

ここでは、信用情報の開示請求にかかるデメリットについてまとめてありますので、参考にしてみてください。

費用がかかることのデメリット

自分の信用情報の開示手続きの一番のデメリットは、手続きに費用がかかることです。

シーアイシーや日本信用情報機構では、開示請求に500円から1,000円の費用が発生します。

また、信用情報機関の窓口で請求をする場合は、窓口まで行く交通費も発生してしまいます。

大きな金額ではありませんが、費用が発生してしまうことは、信用情報の開示のデメリットの1つではないでしょうか。

照会履歴が残ることのデメリット

信用情報の開示請求をすると、本人が照会したことの履歴が残ります。

この開示請求したことの履歴は、金融機関も確認できる情報なので、デメリットになると思われるかもしれません。

しかし、自分の信用情報を開示してくれと請求することは、本人にとって当然の権利になります。

この情報は、ネガティブなものではないので開示請求を何度しても審査に影響を与えることはありません。

むしろ、住宅ローンを組む前には、しっかりと信用情報を確認するように言われているくらいです。

信用情報開示のメリットは?

信用情報の開示におけるデメリットは、これ以上ありませんのでメリットについて紹介します。

自分の信用情報を確認するメリットは、不安や迷いがなくなることです。

信用情報が気になるということは、なにか気がかりなことがあったりして、心の中に大きな不安や迷いが生じていることの証拠です。

しっかりと自分の目で信用情報を確認すれば、あとは、ローンの申込みをするかどうかの判断をするだけになります。

人間は、分からない情報に対して不安や恐怖の感情がおきることがありますが、それを克服できるのが自分で信用情報を確認するメリットです。

まとめ

自分の信用情報を開示して確認するデメリットは、手続きに費用が発生することです。

それ以外にデメリットが生じるとすれば、窓口での請求をする場合に交通費がかかるくらいのものです。

信用情報機関に登録される照会履歴については、デメリットになるものではありません。

逆に、しっかりと自分の信用情報を確認しておけば、迷いや不安を乗り越えることができます。