【デマの可能性も】債務整理の本当のデメリットは?リスクを解説

債務整理をすることによる配偶者やクレジットカード、自動車や住宅などへの影響についてまとめてます。

単純に借金が少なくなったりなくなるわけではない理由についても理解できるようになります。

債務整理は、借金の返済に困っている方を救済するための手続きですが、デメリットがあるのも事実です。

単純に借金が減額されたりなくなったりするだけではありませんので、手続きについてしっかりと理解しておくことが重要です。

債務整理の主なデメリットを分かりやすくまとめてますので、確認しておくことをおすすめします。

配偶者への影響について

債務整理をすると、配偶者(奥さんや旦那さん)に影響を及ぼす場合があります。

まず、借金をしていたことを内緒にしていた場合は、手続きを進める中でバレる可能性があります。

裁判所や法律事務所からの郵送物、あるいは、債権者の誰かが自宅に訪問してくる可能性もゼロではありません。

また、配偶者が連帯保証人になっているローンがある場合は、配偶者の債務整理も必要になる場合があります。

連帯保証人は、借金をした本人と同じ責任がおよびますので、配偶者に対して一括請求されることもあります。

クレジットカードが使えなくなる!

債務整理をすると、現在利用しているクレジットカードは使えなくなります。

クレジットカードの残債があり、クレジットカード会社に対して借金の減免を求めない場合は、返済専用のカードとなります。

また、債務整理をすると、新たにクレジットカードを作ることが5年から10年は難しくなります。

クレジットカードで公共料金の支払などをしていた方は、手続きの前に引き落とし先の変更をすることになります。

自動車ローンを返済中の注意点!

自動車ローンを返済中に自己破産をすると、自動車が換金されて債権者への返済に充てられることがあります。

地方に住んでいる方は、自動車がないと生活が難しくなることもありますので、自己破産以外の債務整理を検討することになる場合もあります。

任意返済による債務整理を選ぶ場合は、自動車ローンの返済が続き、消費者金融の借金は元本だけの返済になります。

手続きにより借金が残ってしまうのも、債務整理のデメリットの1つです。

住宅ローンが残っていると家がなくなる?

住宅ローンの返済中の方は、自己破産をすると自宅を手放すことになります。

どうしても自宅を手放したくないときは、個人再生の債務整理を選ぶことになります。この手続きを選ぶときは、住宅ローンの借金は減らず、大幅に減額された他の借金についても返済義務が残ります。

また、任意整理も同様ですが、減額された借金の返済ができないときは、借金が元の金額に戻ります。

減額された借金については、絶対に返済しなければならないので、精神的な負担が大きくなるのもデメリットといえるでしょう。

まとめ

債務整理は、借金が少なくなったりなくなったりするだけの手続きではありません。

それぞれの手続きにデメリットがありますので、しっかりと理解しておくようにしてください。

過払い金請求の思わぬ落とし穴…実はデメリットだらけ?メリットは?

過払い金を請求することの意味やデメリットについて分かりやすくまとめてます。

クレジットカードにどんな影響があるかについても理解でき、誰に相談すれば良いかも分かります。

テレビCMなどで過払い金の請求ができることを知った人もいると思いますが、デメリットがない手続きではありません。

注意するべきポイントがいくつかあるので、しっかりと確認をして請求することが重要になります。

このページでは、クレジットカード会社に過払い金の請求をする場合とアコムのような銀行系の消費者金融に請求する場合のデメリットについてまとめてます。

過払い金の請求とは?

過払い金は、借金の返済で払いすぎてしまったお金のことをいいます。

法律上の制限を上回る金利で返済を継続していると、本来は、すでに借金の返済が終わっているのに、まだ返済を続けている状態になります。

その後、借金の返済が終了すると本来の支払うべき金額を上回って返済したことになります。

この払い過ぎてしまったお金のことを過払い金といい、法律上の手続きに従って請求すると返還が認められることになります。

クレジットカード会社に請求する場合のデメリット

クレジットカード会社に対して過払い金を請求するデメリットは、ショッピング枠まで使えなくなることです。

過払い金を請求したクレジットカード会社は、まずは契約を解除してクレジットカードのすべての機能が利用できなくなるからです。

同様にETCカードの発行をしている方は、ETCカードも使えなくなるデメリットが生じます。

また、クレジットカードで公共料金などの引き落としをしている方は、事前に支払方法の変更手続きをするようにしてください。

銀行系の消費者金融に請求する場合のデメリット

たとえば、銀行のカードローンと、その銀行系の消費者金融から借入れしている方が消費者金融に対して過払い金の請求をすると、銀行カードローンまで利用できなくなるケースがあります。

はっきりと断言できる情報ではありませんが、銀行カードローンの利用が中止となり、返済専用のカードになったという方もいます。

もし、このような状況で過払い金の返還請求をする場合は、このデメリットを回避するため、他のカードローンへの影響についても詳しい弁護士や司法書士に相談する必要があります。

まとめ

過払い金は、消費者金融やクレジットカード会社に対して払い過ぎてしまったお金のことです。この払い過ぎてしまったお金を請求して取り戻す手続きをすると、クレジットカードが利用できなくなったりするデメリットがあります。

また、他のカードローンまで影響が及ぶこともありますので、請求する場合は、過払い金に詳しい弁護士などに相談するようにしましょう。

信用情報を開示請求する時のリスクとは?手数料以外のデメリットは?

信用情報の開示におけるデメリットについてまとめてます。

開示請求をしたことが問題になるのか、その他のデメリットが生じるのかについて徹底的に分かりやすく解説してます。

信用情報機関に対して自分の信用情報の開示を請求すれば、自分がいわゆるブラックかどうかの確認ができます。

しかし、信用情報の開示にデメリットがあると思い、開示請求の手続きを悩んでいる人もいると思います。

ここでは、信用情報の開示請求にかかるデメリットについてまとめてありますので、参考にしてみてください。

費用がかかることのデメリット

自分の信用情報の開示手続きの一番のデメリットは、手続きに費用がかかることです。

シーアイシーや日本信用情報機構では、開示請求に500円から1,000円の費用が発生します。

また、信用情報機関の窓口で請求をする場合は、窓口まで行く交通費も発生してしまいます。

大きな金額ではありませんが、費用が発生してしまうことは、信用情報の開示のデメリットの1つではないでしょうか。

照会履歴が残ることのデメリット

信用情報の開示請求をすると、本人が照会したことの履歴が残ります。

この開示請求したことの履歴は、金融機関も確認できる情報なので、デメリットになると思われるかもしれません。

しかし、自分の信用情報を開示してくれと請求することは、本人にとって当然の権利になります。

この情報は、ネガティブなものではないので開示請求を何度しても審査に影響を与えることはありません。

むしろ、住宅ローンを組む前には、しっかりと信用情報を確認するように言われているくらいです。

信用情報開示のメリットは?

信用情報の開示におけるデメリットは、これ以上ありませんのでメリットについて紹介します。

自分の信用情報を確認するメリットは、不安や迷いがなくなることです。

信用情報が気になるということは、なにか気がかりなことがあったりして、心の中に大きな不安や迷いが生じていることの証拠です。

しっかりと自分の目で信用情報を確認すれば、あとは、ローンの申込みをするかどうかの判断をするだけになります。

人間は、分からない情報に対して不安や恐怖の感情がおきることがありますが、それを克服できるのが自分で信用情報を確認するメリットです。

まとめ

自分の信用情報を開示して確認するデメリットは、手続きに費用が発生することです。

それ以外にデメリットが生じるとすれば、窓口での請求をする場合に交通費がかかるくらいのものです。

信用情報機関に登録される照会履歴については、デメリットになるものではありません。

逆に、しっかりと自分の信用情報を確認しておけば、迷いや不安を乗り越えることができます。