ブラックでも審査が通るクレジットカードは?誰でも作れるクレカはある?

ブラックでもクレジットカード審査に絶対に通らないわけではない理由を詳しく説明してます。

審査で注意するべきポイントや最低限必要な条件について分かりやすくまとめてあります。

ブラックでもクレジットカードの審査に通ることは、あります。

ブラックリストに登録されているからといって、絶対に通らないものではなく、ただ難しくなっているだけのことです。

ただし、ブラックとなっている方が絶対にクリアしておかなければならない最低限の基準もありますので、ここでしっかりと確認しておくようにしましょう。

ブラックは審査に通らない?

クレジットカードの申込基準を見ると分かりますが、過去に金融事故が会った人を排除するような表現はありません。

つまり、クレジットカードへの申込みはできるということです。

ここで、クレジットカード会社の審査担当者の立場で考えると、絶対にブラックの審査を通さないなら、ブラックの人が申し込んだ数だけ無駄な仕事が増えます。

つまり、クレジットカードの申込基準でブラックを排除していないことは、クレジットカードが発行される可能性があるということです。

ブラックでも審査に通るための最低条件とは?

ブラックの人がクレジットカードの審査が難しくなるのは、当然のことです。

したがって、ブラックの人がクレジットカードに申込むなら、最低限、収入があることが必須だと思われます。

無職かつブラックでは、クレジットカードの利用料金を支払うことも難しくなります。

あとは、クレジットカードの利用料金の返済ができると考えられれば、審査担当者もクレジットカードの発行を認めやすくなります。

したがって、収入があることはもちろん、できるだけ収入を増やす努力も同時にするようにしましょう。

ブラックの審査の評判を調べて申し込み!

ブラックでも審査に通りやすいクレジットカードがあるのは事実です。

ただし、クレジットカード会社のブランドイメージを損なうことになるので、クレジットカード会社名を伝えることはできません。

しかし、インターネットの口コミサイトなどを確認すれば、審査に通りやすいクレジットカードがある程度は分かります。

1ヶ月以内に3回以上、クレジットカードに申込むと申し込みブラックとなってしまいますので、ある程度の予想をつけたら2社程度を選んで申し込んでみるのがおすすめです。

まとめ

ブラックだからといって、クレジットカードが利用できないことはありません。最低限、利用料金の返済ができるだけの収入は必要ですが、それをクリアしているなら、審査に通りやすそうなクレジットカードに申し込んでみてはいかがでしょうか。

携帯ブラックとは?携帯ブラックでもスマホを新規契約する方法は?

携帯電話のブラックには、2つの意味があります。

このページでは、ブラックリストに登録されてしまったときのデメリットや確認方法などについて、分かりやすく丁寧に解説してます。

ブラックリストは、カードローンや住宅ローンなどだけではなく、携帯会社が作成してるものもあります。

携帯でブラックになってしまうと、いくつかの問題が生じることがあります。

ここでは、携帯電話のブラックリストの基礎が分かる情報をまとめていますので、確認しておくことをおすすめします。

携帯ブラックリストとは?

携帯電話のブラックリストには、2つの意味があります。

1つは、携帯電話の本体を分割払いで購入し、料金を延滞した場合に信用情報機関にネガティブな情報が登録されるものです。

もう1つは、分割払いではなかったとしても、携帯料金の延滞があった事実を携帯会社がデータベースに登録し、携帯会社の相互間で確認し合っているものを意味します。

携帯会社がどのような情報について登録しているかは明らかではありませんが、頻繁にMNPを繰り返すような行為も登録されているといわれています。

携帯ブラックリストになるデメリット

携帯のブラックリストに登録されるデメリットは、携帯電話の契約が難しくなることです。

信用情報機関にもネガティブな情報が登録されてしまうと、カードローンや住宅ローンなどの申込審査も厳しくなり、審査に通らなくなることもあります。

登録された情報は、5年程度を目安に延滞があった事実が残されますので、携帯料金の延滞に注意する必要があります。

携帯ブラックかどうかの確認方法

携帯会社が利用している信用情報機関は、シーアイシーです。

シーアイシーに対して、登録されている個人情報の開示請求の手続きをすれば、携帯のブラックになっているかどうかが分かります。

シーアイシーの個人情報の開示請求の手続きには、クレジットカードと本人確認書類、申込み書が必要になります。

手数料は1,000円かかります。

開示請求の申込みは、パソコンやスマートフォンからできますが、その場合の決済手段がクレジットカードになっている点に注意してください。

まとめ

携帯電話のブラックリストは、携帯会社が利用しているシーアイシーの情報と携帯会社の各社が共有している延滞などの情報の2つがあります。

シーアイシーに対しては、個人情報の開示請求手続きをすることで、自分がブラックリストに登録されているかどうかが分かります。

開示請求に手数料が発生してしまいますが、気になる方は、シーアイシーに登録されている情報を確認してみてください。

インターネットからの申込みは、クレジットカード決済となっているので、用意をしてから手続きの画面に進むようにしましょう。

誰でもできるブラックリストを確認する方法!やり方、手順、手数料も

ブラックリストで信用情報を確認する方法を分かりやすく解説してます。

信用情報の確認に必要になるものと情報に誤りがあったときの対処のしかたもすぐに理解できます。

自分がブラックリストに登録されているかどうかは、信用情報機関に個人情報の開示請求手続きをすることでできます。

信用情報機関には、CICと日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センターの3つがありますので、すべてに開示請求の手続きをすれば、登録されている情報のすべての確認ができます。

ブラックリスト確認に必要なもの

ブラックリストの情報を確認するためには、個人情報の「開示申込書」と「本人確認書類」、それから「手数料」が必要になります。

開示申込書は、インターネットでダウンロードするか信用情報機関の窓口でもらえます。

また、本人確認書類というのは、本人であることを証明するためのもので、運転免許証や健康保険証、パスポートなどのことです。

健康保険証を本人確認書類として使う場合は、住民票や印鑑登録証明書、戸籍謄本などの別の書類をもう1点用意します。

手数料については、信用情報機関により異なる場合がありますが、1,000円程度です。

個人情報の開示請求の3つの方法

信用情報機関に開示請求をする方法には、郵送とスマホのアプリ、窓口での請求などがあります。

郵送による請求は、必要な書類をまとめて信用情報機関に送付するだけです。

ブラックリストかどうかの情報が送られてくるまでに10日程度かかる場合があります。

スマホのアプリは、信用情報機関で開示請求の方法として用意されている場合に使えます。

アプリをダウンロードして、本人確認書類などの提出を行います。

ただし、開示される情報は、郵送で自宅に送られてきますので、スマートフォンで確認できるわけではありません。

信用情報機関の窓口で請求する場合は、本人確認書類と手数料を持参すれば、その場でブラックかどうかの情報が開示されます。

開示された情報に問題があるときの対処法

信用情報機関から開示された書類を確認して、内容に問題がある場合は、調査を依頼することができます。

信用情報機関から金融機関に対して事実の確認を行い、正しい情報に訂正されます。

借入れをした覚えがないローンの記憶があったときなどは、必ず調査依頼をするようにしましょう。

まとめ

自分がブラックリストに登録されているかどうかの確認は、信用情報機関に登録されている個人情報を確認すれば分かります。

信用情報機関に対して個人情報の開示請求の手続きをすれば、登録されているすべての情報が確認できます。

確認に必要なものは、申込書と本人確認書類、手数料の3点です。

確認するための方法には、郵送やスマホアプリ、直接窓口で請求する方法などがあります。

開示された情報に問題があるときは、信用情報機関に対して調査依頼をすることもできます。

ブラックリストの期間はいつ終わる?早く消すウラ技や解決方法は?

要約

ブラックリストに登録されている期間について、分かりやすくまとめてあります。

延滞や債務整理などの金融事故ごとに、いつになったら消えるのかを徹底的に分かりやすく解説してます。

ブラックリストに不安を感じるかもしれませんが、誰でも一定の期間が経過するとブラックではなくなります。

ブラックリストがどの程度の期間登録されるか、どんな情報が登録されているのかについてまとめてあります。

登録される期間の目安が分かると安心できますので、ぜひ、確認してみてください。

債務整理をしたときのブラックリスト期間

任意整理や個人再生、特定調停などの債務整理をした方は、5年程度の期間が経過するとブラックではなくなります。

ただし、自己破産をした場合については、最長で10年ほど影響が残ることがあります。

信用情報機関のうち全国銀行信用情報センターだけは、自己破産した場合の情報の登録を10年としているからです。

銀行からのローンを残して自己破産をした場合は、10年くらいの期間を目安にブラックではなくなります。

ローン延滞によるブラックリストの期間

カードローンや自動車ローンなどの延滞が登録された場合は、債務整理と同様に延滞が発生した時点から5年程度の期間で登録が削除されます。

また、延滞が解消したことの記録は、延滞が解消してから1年程度の期間、情報が登録され続けます。

また、60日以内の短期間の延滞については、金融機関の判断によりブラックリストに登録されていないこともあります。

登録するかしないかは、金融機関の担当者の判断になります。

ローン申込みした事実、その他の登録期間

カードローンなどの申込みをしたことの記録は、申込み日から半年程度、登録が残ります。

どのような種類のローンに申し込んだのかという情報も含まれます。

ごく短期間の間にカードローンなどの申込みをすると申込みブラックになると言われるのは、この記録が残されているからです。

また、運転免許証などの本人確認書類を紛失・盗難があったなどの情報は、事実があったことの登録から5年程度の期間は、事実が記録として残されます。

最後に、日本貸金業協会に対して貸付自粛の依頼を申し入れた場合も、やはり5年程度の期間を目安に記録が残されています。

まとめ

任意整理などの債務整理があった場合は、5年の期間を目安にブラックリストから消去されます。

ローンの延滞については、延滞が発生した日から半年程度が目安です。

また、カードローンなどの申込みをしたことの事実は、申込み日から半年ほどの期間は記録が残ります。

本人確認書類の紛失や日本貸金業協会に対する貸付自粛の依頼は、登録日から5年の期間は記録が残されます。

 

ブラックでも借りれる借入先は?闇金以外で安全な消費者金融を紹介

ブラックの基本とブラックでもお金が借りれる理由について詳しく説明してます。

万が一、ローンの審査に落ちてしまった場合の対処の方法についても分かりやすく解説してます。

銀行や消費者金融などの金融機関に借入れの申込みをする際、ブラックであることで契約できない場合があります。

しかし、ブラックでも借りれる方法がないわけではありません。

役立つと思われる情報をまとめてありますので、最後まであきらめずに困難を乗り切るようにしてください。

 

ブラックが借りれる可能性が低い?

ブラックとは?

まず、ブラックというのは、金融機関との取引で事故が発生した記録が残っている人のことです。

銀行や消費者金融などは、お金を貸すときの信用を確認するために信用情報機関に登録されているデータを確認します。

このデータにローンの延滞や債務整理などの事実が記録されていると、お金を貸すことが難しいと判断されることがあります。

 

ローンの延滞によるブラック

ローンの延滞があったことの事実は、延滞解消から半年程度は、信用情報機関に記録が残ります。

延滞が継続している間は、記録が残っていますので新たにローンを組むのは難しくなります。

債務整理によるブラック

自己破産や任意整理などの債務整理があった場合は、登録から5年から10年は記録が残ると言われています。

今現在、ローンの延滞がある人と過去に債務整理があった方のどちらの信用が低いか、は金融機関の判断になりますが審査が厳しくなることは避けられないでしょう。

借りれる可能性が低いのは事実!

ブラックの人が金融機関にローンの申込みをして、借りれる可能性が低いのは事実です。

しかし、ローンの申込条件などを確認すると、ローンの延滞中の方や過去に債務整理をした人が申し込めないとは書かれていません。

高額な融資は難しいかもしれませんが、少額なら可能性はゼロではないと考えられます。

 

親や兄弟に相談する!

金融機関のローンの審査に通らなかったら、親や兄弟などに相談するのがおすすめです。

金融機関は、スコアリングによる審査で一律に判断しますが、親兄弟ならあなたの人柄やこれまでの行動により、信用してもらえる可能性があります。

 

借入れの申込みをするなら消費者金融!

ブラックについて不安に感じるなら、銀行カードローンではなく消費者金融を選ぶのがおすすめです。

銀行の融資は、一般に難易度が高いので、信用情報に問題があると審査に通りにくくなるからです。

消費者金融だから簡単というわけではありませんが、年収の3分の1までなら可能性があります。

すでに年収の3分の1超の消費者金融からの借入れがある場合は、銀行に申込むしかありませんが、そうでなければ消費者金融から選んでみてください。

また、審査に落ちてしまうこともありますが、あまり期待せずに落ちても気にしないようにしましょう。

まとめ

ブラックだと金融機関からの借入れが難しいのは事実ですが、申込みができないわけではありません。

親や兄弟からお金を借りれる可能性もありますので、今できそうなことをやってみるようにしてください。