ブラックリストで結婚できる?相手はどうなる?苗字変更の効果は?

ブラックリストの方が結婚をすると名字が変わる影響や、相手に迷惑をかけないかなどで不安になります。

結婚とブラックの問題、注意点について分かりやすく解説しています。

ブラックリストに登録されると、いくつかのデメリットがありますが結婚に影響する心配をしているケースが多くあります。

名前が変わることでブラックではなくなるのか、結婚相手に迷惑がかかったりバレたりしないかなどがあります。

ここでは、結婚とブラックリストのよくある疑問について分かりやすく説明してます。

結婚で名前変わるとブラックではなくなる?

結婚をして苗字が変わることで、ブラックリストの影響がなくなると思われるかもしれませんが、ブラックの情報が消えることはありません。

一時的に本人の情報にアクセスできないことも考えられますが、すぐに新しい情報に更新されます。

そのため、結婚をしたら新たな借入れができるということはなく、情報が削除されるまでは、審査が厳しくなるのは事実になります。

ただし、ブラックリストに乗っているからといって借入れできないわけではありませんので、しっかりと返済できるのであれば申込みをしてみても良いと思います。

自分がブラックだと結婚相手に迷惑がかかる?

自分がブラックリストに載っていることで、直接、結構相手に迷惑がかかるようなことはありません。

自動車や住宅のローンが組みにくくなることはありますが、結婚をしたからといって相手が連帯保証人になるわけではありません。

基本的に借金は、申込みをした本人との契約になりますので、本人がしっかりと返済すれば、結婚相手に迷惑がかかることは一切ありません。

自分がブラックだということが相手に分かる?

自分がブラックリストに乗っているということが結婚相手に分かるかは、結婚相手の感性と状況によります。

クレジットカードの申込みをして審査に通らなかっただけであやしいと思う人もいれば、そう思わない人もいます。

また、近い将来、住宅ローンを組んで家を購入する予定があると、ブラックのままでは住宅ローンが組めないこともあります。

そのような事実の積み重ねにより、感性が鋭い人は気が付くこともあると考えられます。

ただし、結婚相手に自分の信用情報の開示を求められない限りは、あやしいという程度で済むのではないでしょうか。

まとめ

自分がブラックだということを心配するかもしれませんが、結婚を機にお金に対する意識を変えることも重要です。

信用情報機関に登録されている情報の多くは5年以内に消滅しますので、その間にしっかりとお金と付き合えるようになることが重要ではないでしょうか。