【デマの可能性も】債務整理の本当のデメリットは?リスクを解説

債務整理をすることによる配偶者やクレジットカード、自動車や住宅などへの影響についてまとめてます。

単純に借金が少なくなったりなくなるわけではない理由についても理解できるようになります。

債務整理は、借金の返済に困っている方を救済するための手続きですが、デメリットがあるのも事実です。

単純に借金が減額されたりなくなったりするだけではありませんので、手続きについてしっかりと理解しておくことが重要です。

債務整理の主なデメリットを分かりやすくまとめてますので、確認しておくことをおすすめします。

配偶者への影響について

債務整理をすると、配偶者(奥さんや旦那さん)に影響を及ぼす場合があります。

まず、借金をしていたことを内緒にしていた場合は、手続きを進める中でバレる可能性があります。

裁判所や法律事務所からの郵送物、あるいは、債権者の誰かが自宅に訪問してくる可能性もゼロではありません。

また、配偶者が連帯保証人になっているローンがある場合は、配偶者の債務整理も必要になる場合があります。

連帯保証人は、借金をした本人と同じ責任がおよびますので、配偶者に対して一括請求されることもあります。

クレジットカードが使えなくなる!

債務整理をすると、現在利用しているクレジットカードは使えなくなります。

クレジットカードの残債があり、クレジットカード会社に対して借金の減免を求めない場合は、返済専用のカードとなります。

また、債務整理をすると、新たにクレジットカードを作ることが5年から10年は難しくなります。

クレジットカードで公共料金の支払などをしていた方は、手続きの前に引き落とし先の変更をすることになります。

自動車ローンを返済中の注意点!

自動車ローンを返済中に自己破産をすると、自動車が換金されて債権者への返済に充てられることがあります。

地方に住んでいる方は、自動車がないと生活が難しくなることもありますので、自己破産以外の債務整理を検討することになる場合もあります。

任意返済による債務整理を選ぶ場合は、自動車ローンの返済が続き、消費者金融の借金は元本だけの返済になります。

手続きにより借金が残ってしまうのも、債務整理のデメリットの1つです。

住宅ローンが残っていると家がなくなる?

住宅ローンの返済中の方は、自己破産をすると自宅を手放すことになります。

どうしても自宅を手放したくないときは、個人再生の債務整理を選ぶことになります。この手続きを選ぶときは、住宅ローンの借金は減らず、大幅に減額された他の借金についても返済義務が残ります。

また、任意整理も同様ですが、減額された借金の返済ができないときは、借金が元の金額に戻ります。

減額された借金については、絶対に返済しなければならないので、精神的な負担が大きくなるのもデメリットといえるでしょう。

まとめ

債務整理は、借金が少なくなったりなくなったりするだけの手続きではありません。

それぞれの手続きにデメリットがありますので、しっかりと理解しておくようにしてください。