携帯ブラックとは?携帯ブラックでもスマホを新規契約する方法は?

携帯電話のブラックには、2つの意味があります。

このページでは、ブラックリストに登録されてしまったときのデメリットや確認方法などについて、分かりやすく丁寧に解説してます。

ブラックリストは、カードローンや住宅ローンなどだけではなく、携帯会社が作成してるものもあります。

携帯でブラックになってしまうと、いくつかの問題が生じることがあります。

ここでは、携帯電話のブラックリストの基礎が分かる情報をまとめていますので、確認しておくことをおすすめします。

携帯ブラックリストとは?

携帯電話のブラックリストには、2つの意味があります。

1つは、携帯電話の本体を分割払いで購入し、料金を延滞した場合に信用情報機関にネガティブな情報が登録されるものです。

もう1つは、分割払いではなかったとしても、携帯料金の延滞があった事実を携帯会社がデータベースに登録し、携帯会社の相互間で確認し合っているものを意味します。

携帯会社がどのような情報について登録しているかは明らかではありませんが、頻繁にMNPを繰り返すような行為も登録されているといわれています。

携帯ブラックリストになるデメリット

携帯のブラックリストに登録されるデメリットは、携帯電話の契約が難しくなることです。

信用情報機関にもネガティブな情報が登録されてしまうと、カードローンや住宅ローンなどの申込審査も厳しくなり、審査に通らなくなることもあります。

登録された情報は、5年程度を目安に延滞があった事実が残されますので、携帯料金の延滞に注意する必要があります。

携帯ブラックかどうかの確認方法

携帯会社が利用している信用情報機関は、シーアイシーです。

シーアイシーに対して、登録されている個人情報の開示請求の手続きをすれば、携帯のブラックになっているかどうかが分かります。

シーアイシーの個人情報の開示請求の手続きには、クレジットカードと本人確認書類、申込み書が必要になります。

手数料は1,000円かかります。

開示請求の申込みは、パソコンやスマートフォンからできますが、その場合の決済手段がクレジットカードになっている点に注意してください。

まとめ

携帯電話のブラックリストは、携帯会社が利用しているシーアイシーの情報と携帯会社の各社が共有している延滞などの情報の2つがあります。

シーアイシーに対しては、個人情報の開示請求手続きをすることで、自分がブラックリストに登録されているかどうかが分かります。

開示請求に手数料が発生してしまいますが、気になる方は、シーアイシーに登録されている情報を確認してみてください。

インターネットからの申込みは、クレジットカード決済となっているので、用意をしてから手続きの画面に進むようにしましょう。