ブラックリストの期間はいつ終わる?早く消すウラ技や解決方法は?

要約

ブラックリストに登録されている期間について、分かりやすくまとめてあります。

延滞や債務整理などの金融事故ごとに、いつになったら消えるのかを徹底的に分かりやすく解説してます。

ブラックリストに不安を感じるかもしれませんが、誰でも一定の期間が経過するとブラックではなくなります。

ブラックリストがどの程度の期間登録されるか、どんな情報が登録されているのかについてまとめてあります。

登録される期間の目安が分かると安心できますので、ぜひ、確認してみてください。

債務整理をしたときのブラックリスト期間

任意整理や個人再生、特定調停などの債務整理をした方は、5年程度の期間が経過するとブラックではなくなります。

ただし、自己破産をした場合については、最長で10年ほど影響が残ることがあります。

信用情報機関のうち全国銀行信用情報センターだけは、自己破産した場合の情報の登録を10年としているからです。

銀行からのローンを残して自己破産をした場合は、10年くらいの期間を目安にブラックではなくなります。

ローン延滞によるブラックリストの期間

カードローンや自動車ローンなどの延滞が登録された場合は、債務整理と同様に延滞が発生した時点から5年程度の期間で登録が削除されます。

また、延滞が解消したことの記録は、延滞が解消してから1年程度の期間、情報が登録され続けます。

また、60日以内の短期間の延滞については、金融機関の判断によりブラックリストに登録されていないこともあります。

登録するかしないかは、金融機関の担当者の判断になります。

ローン申込みした事実、その他の登録期間

カードローンなどの申込みをしたことの記録は、申込み日から半年程度、登録が残ります。

どのような種類のローンに申し込んだのかという情報も含まれます。

ごく短期間の間にカードローンなどの申込みをすると申込みブラックになると言われるのは、この記録が残されているからです。

また、運転免許証などの本人確認書類を紛失・盗難があったなどの情報は、事実があったことの登録から5年程度の期間は、事実が記録として残されます。

最後に、日本貸金業協会に対して貸付自粛の依頼を申し入れた場合も、やはり5年程度の期間を目安に記録が残されています。

まとめ

任意整理などの債務整理があった場合は、5年の期間を目安にブラックリストから消去されます。

ローンの延滞については、延滞が発生した日から半年程度が目安です。

また、カードローンなどの申込みをしたことの事実は、申込み日から半年ほどの期間は記録が残ります。

本人確認書類の紛失や日本貸金業協会に対する貸付自粛の依頼は、登録日から5年の期間は記録が残されます。