ブラックでも借りれる借入先は?闇金以外で安全な消費者金融を紹介

ブラックの基本とブラックでもお金が借りれる理由について詳しく説明してます。

万が一、ローンの審査に落ちてしまった場合の対処の方法についても分かりやすく解説してます。

銀行や消費者金融などの金融機関に借入れの申込みをする際、ブラックであることで契約できない場合があります。

しかし、ブラックでも借りれる方法がないわけではありません。

役立つと思われる情報をまとめてありますので、最後まであきらめずに困難を乗り切るようにしてください。

 

ブラックが借りれる可能性が低い?

ブラックとは?

まず、ブラックというのは、金融機関との取引で事故が発生した記録が残っている人のことです。

銀行や消費者金融などは、お金を貸すときの信用を確認するために信用情報機関に登録されているデータを確認します。

このデータにローンの延滞や債務整理などの事実が記録されていると、お金を貸すことが難しいと判断されることがあります。

 

ローンの延滞によるブラック

ローンの延滞があったことの事実は、延滞解消から半年程度は、信用情報機関に記録が残ります。

延滞が継続している間は、記録が残っていますので新たにローンを組むのは難しくなります。

債務整理によるブラック

自己破産や任意整理などの債務整理があった場合は、登録から5年から10年は記録が残ると言われています。

今現在、ローンの延滞がある人と過去に債務整理があった方のどちらの信用が低いか、は金融機関の判断になりますが審査が厳しくなることは避けられないでしょう。

借りれる可能性が低いのは事実!

ブラックの人が金融機関にローンの申込みをして、借りれる可能性が低いのは事実です。

しかし、ローンの申込条件などを確認すると、ローンの延滞中の方や過去に債務整理をした人が申し込めないとは書かれていません。

高額な融資は難しいかもしれませんが、少額なら可能性はゼロではないと考えられます。

 

親や兄弟に相談する!

金融機関のローンの審査に通らなかったら、親や兄弟などに相談するのがおすすめです。

金融機関は、スコアリングによる審査で一律に判断しますが、親兄弟ならあなたの人柄やこれまでの行動により、信用してもらえる可能性があります。

 

借入れの申込みをするなら消費者金融!

ブラックについて不安に感じるなら、銀行カードローンではなく消費者金融を選ぶのがおすすめです。

銀行の融資は、一般に難易度が高いので、信用情報に問題があると審査に通りにくくなるからです。

消費者金融だから簡単というわけではありませんが、年収の3分の1までなら可能性があります。

すでに年収の3分の1超の消費者金融からの借入れがある場合は、銀行に申込むしかありませんが、そうでなければ消費者金融から選んでみてください。

また、審査に落ちてしまうこともありますが、あまり期待せずに落ちても気にしないようにしましょう。

まとめ

ブラックだと金融機関からの借入れが難しいのは事実ですが、申込みができないわけではありません。

親や兄弟からお金を借りれる可能性もありますので、今できそうなことをやってみるようにしてください。