ブラックリストで結婚できる?相手はどうなる?苗字変更の効果は?

ブラックリストの方が結婚をすると名字が変わる影響や、相手に迷惑をかけないかなどで不安になります。

結婚とブラックの問題、注意点について分かりやすく解説しています。

ブラックリストに登録されると、いくつかのデメリットがありますが結婚に影響する心配をしているケースが多くあります。

名前が変わることでブラックではなくなるのか、結婚相手に迷惑がかかったりバレたりしないかなどがあります。

ここでは、結婚とブラックリストのよくある疑問について分かりやすく説明してます。

結婚で名前変わるとブラックではなくなる?

結婚をして苗字が変わることで、ブラックリストの影響がなくなると思われるかもしれませんが、ブラックの情報が消えることはありません。

一時的に本人の情報にアクセスできないことも考えられますが、すぐに新しい情報に更新されます。

そのため、結婚をしたら新たな借入れができるということはなく、情報が削除されるまでは、審査が厳しくなるのは事実になります。

ただし、ブラックリストに乗っているからといって借入れできないわけではありませんので、しっかりと返済できるのであれば申込みをしてみても良いと思います。

自分がブラックだと結婚相手に迷惑がかかる?

自分がブラックリストに載っていることで、直接、結構相手に迷惑がかかるようなことはありません。

自動車や住宅のローンが組みにくくなることはありますが、結婚をしたからといって相手が連帯保証人になるわけではありません。

基本的に借金は、申込みをした本人との契約になりますので、本人がしっかりと返済すれば、結婚相手に迷惑がかかることは一切ありません。

自分がブラックだということが相手に分かる?

自分がブラックリストに乗っているということが結婚相手に分かるかは、結婚相手の感性と状況によります。

クレジットカードの申込みをして審査に通らなかっただけであやしいと思う人もいれば、そう思わない人もいます。

また、近い将来、住宅ローンを組んで家を購入する予定があると、ブラックのままでは住宅ローンが組めないこともあります。

そのような事実の積み重ねにより、感性が鋭い人は気が付くこともあると考えられます。

ただし、結婚相手に自分の信用情報の開示を求められない限りは、あやしいという程度で済むのではないでしょうか。

まとめ

自分がブラックだということを心配するかもしれませんが、結婚を機にお金に対する意識を変えることも重要です。

信用情報機関に登録されている情報の多くは5年以内に消滅しますので、その間にしっかりとお金と付き合えるようになることが重要ではないでしょうか。

 

【デマの可能性も】債務整理の本当のデメリットは?リスクを解説

債務整理をすることによる配偶者やクレジットカード、自動車や住宅などへの影響についてまとめてます。

単純に借金が少なくなったりなくなるわけではない理由についても理解できるようになります。

債務整理は、借金の返済に困っている方を救済するための手続きですが、デメリットがあるのも事実です。

単純に借金が減額されたりなくなったりするだけではありませんので、手続きについてしっかりと理解しておくことが重要です。

債務整理の主なデメリットを分かりやすくまとめてますので、確認しておくことをおすすめします。

配偶者への影響について

債務整理をすると、配偶者(奥さんや旦那さん)に影響を及ぼす場合があります。

まず、借金をしていたことを内緒にしていた場合は、手続きを進める中でバレる可能性があります。

裁判所や法律事務所からの郵送物、あるいは、債権者の誰かが自宅に訪問してくる可能性もゼロではありません。

また、配偶者が連帯保証人になっているローンがある場合は、配偶者の債務整理も必要になる場合があります。

連帯保証人は、借金をした本人と同じ責任がおよびますので、配偶者に対して一括請求されることもあります。

クレジットカードが使えなくなる!

債務整理をすると、現在利用しているクレジットカードは使えなくなります。

クレジットカードの残債があり、クレジットカード会社に対して借金の減免を求めない場合は、返済専用のカードとなります。

また、債務整理をすると、新たにクレジットカードを作ることが5年から10年は難しくなります。

クレジットカードで公共料金の支払などをしていた方は、手続きの前に引き落とし先の変更をすることになります。

自動車ローンを返済中の注意点!

自動車ローンを返済中に自己破産をすると、自動車が換金されて債権者への返済に充てられることがあります。

地方に住んでいる方は、自動車がないと生活が難しくなることもありますので、自己破産以外の債務整理を検討することになる場合もあります。

任意返済による債務整理を選ぶ場合は、自動車ローンの返済が続き、消費者金融の借金は元本だけの返済になります。

手続きにより借金が残ってしまうのも、債務整理のデメリットの1つです。

住宅ローンが残っていると家がなくなる?

住宅ローンの返済中の方は、自己破産をすると自宅を手放すことになります。

どうしても自宅を手放したくないときは、個人再生の債務整理を選ぶことになります。この手続きを選ぶときは、住宅ローンの借金は減らず、大幅に減額された他の借金についても返済義務が残ります。

また、任意整理も同様ですが、減額された借金の返済ができないときは、借金が元の金額に戻ります。

減額された借金については、絶対に返済しなければならないので、精神的な負担が大きくなるのもデメリットといえるでしょう。

まとめ

債務整理は、借金が少なくなったりなくなったりするだけの手続きではありません。

それぞれの手続きにデメリットがありますので、しっかりと理解しておくようにしてください。

おまとめローンの審査は厳しい?審査に落ちた時の対処法【一本化】

おまとめローン審査がなぜ難しいのか、審査を受ける前にしておくべきことが分かるようにまとめてあります。

すでに多額の借金がある場合のおまとめ以外の方法についても詳しく説明をしてます。

おまとめローンの審査が難しいと言われていますが、これには、いくつかの理由が考えられます。

また、審査に申込みをする前に事前にするべきこともいくつかあります。

このページでは、おまとめローンの審査を受けるにあたって役立つ情報とすでに多額の借金がある場合の対処のしかたについて紹介してます。

おまとめローンの審査が難しい理由

おまとめローンの審査が難しいと言われるのには、3つの理由があります。

まず、すでに多すぎる借金の残高がある方もおまとめローンの申込みをしますので、審査に通過できない方が多くなるのは当然です。

また、おまとめをしなければならないほど借金の残高が多くなっているので、お金に対する意識が低いと判断されます。

さらに、金利が低いおまとめローンは、金利が低い分だけ審査基準が厳しくなるのは当然のことです。

これらの理由を見て分かるように、審査に通りにくい環境になっているので、審査に落ちる人が多いだけです。

返済可能と判断される人には、きちんと融資をしてもらえるので、審査基準については、あまり考えすぎないようにしてください。

おまとめローンの審査を受ける前にすること

おまとめローンの審査を受ける場合は、まずは、自分の信用情報を確認するのがおすすめです。

ローンの延滞の情報がたくさん記録されていると、やはり、おまとめするのが難しくなります。

しかし、自分で信用情報をしっかり確認することで、自分の信用に対する意識を高めることができます。

また、自分の収入と支出が把握できていない方も多いので、毎月、いくらまでなら返済できるかについて、自分でも考えてみてください。

返済シミュレーションなどを利用して返済計画を考え、しっかりと借金と向き合うことも大切です。

すでに多額の借金がある場合のおまとめについて

すでに多額の借金がある方は、おまとめローンの審査に通らない可能性があります。

審査に通らないからといって落ち込むようなことをせず、債務整理を含めて、現状を変える方法について検討してみてください。

おまとめローンで借金の返済に取り組むのもいいですが、債務整理の手続きで救済してもらう方法もあるので、何度も審査に落ちるようなときは弁護士に相談することも考えてみてください。

まとめ

おまとめローンの審査が難しいと思われるかもしれませんが、審査を受けてみないと分かりません。

ローンのおまとめをする場合は、しっかりと借金と向き合ったり生活を見直したりすることもしてみてください。

自己破産で借金の返済を帳消しにする方法|メリット、条件、注意点は?

自己破産で借金が消える仕組みが分かります。

手続きをすることのデメリットや多くの人が勘違いしている点についても詳しく説明してます。自己破産でも消えない返済も理解できます。

自己破産に対してネガティブなイメージを持つかもしれませんが、この手続きは、借金の返済ができなくなってしまった人を救済するための制度です。

借金の返済ができなくなってしまった方は、原則、誰でも救済してもらいます。

ただし、この手続きには、いくつかのデメリットがありますので、しっかりと確認してから手続きをするようにしましょう。

自己破産の基本

自己破産は、破産法という法律に定められている手続きを行い、裁判所から免責許可の決定が受けられると、原則としてすべての借金の返済義務がなくなるというものです。

分かりやすくいうと、借金の返済が不能となっている人の借金がすべてなくなる手続きのことです。

一見すると単純に借金がなくなるように思われますが、デメリットについても理解するようにしてください。

自己破産のデメリットについて

自己破産によるデメリットは、約10年間は、新たなローンの利用やクレジットカードが使えなくなります。

また、自宅や自動車などを所有している方は、手続きの中で債権者への返済に充てられてしまいます。

さらに、家族に借金の事実を隠していた方は、自己破産をすることにより、家族に知られてしまう可能性もゼロではありません。

また、クレジットカードの現金化をしてしまったり、財産隠しをする、あるいは、特定の債権者にだけ返済をしてしまうと、自己破産そのものができなくなります。借金の原因がギャンブルの場合も同様です。

これ以外にも自己破産によるデメリットは、いくつかありますので、手続きを依頼する弁護士にしっかりと確認しておくようにしましょう。

自己破産についての誤解

自己破産は、一般に誤解されている部分が多い手続きです。

選挙権が制限されたり、住宅を借りることができなくなる、戸籍などに破産したことが記載されるなどありますが、これらはすべて誤解です。

また、海外旅行に行けなくなるという誤解もありますが、これは、手続きが終了するまでの間に一定の制限があるだけです。

基本的に免責許可が得られれば、それ以降は、借金がない日常生活に戻るだけです。

まとめ

自己破産は、多額の借金を抱えている人を救済する手続きですが、デメリットがあるのも事実です。

一定期間ローンが組めなくなったりしますので、しっかりと理解してから手続きすることが大切です。

なお、財産を隠したりクレジットカードの現金化などをすると、自己破産による救済手続きが使えなくなりますので十分に注意してください。

過払い金請求の思わぬ落とし穴…実はデメリットだらけ?メリットは?

過払い金を請求することの意味やデメリットについて分かりやすくまとめてます。

クレジットカードにどんな影響があるかについても理解でき、誰に相談すれば良いかも分かります。

テレビCMなどで過払い金の請求ができることを知った人もいると思いますが、デメリットがない手続きではありません。

注意するべきポイントがいくつかあるので、しっかりと確認をして請求することが重要になります。

このページでは、クレジットカード会社に過払い金の請求をする場合とアコムのような銀行系の消費者金融に請求する場合のデメリットについてまとめてます。

過払い金の請求とは?

過払い金は、借金の返済で払いすぎてしまったお金のことをいいます。

法律上の制限を上回る金利で返済を継続していると、本来は、すでに借金の返済が終わっているのに、まだ返済を続けている状態になります。

その後、借金の返済が終了すると本来の支払うべき金額を上回って返済したことになります。

この払い過ぎてしまったお金のことを過払い金といい、法律上の手続きに従って請求すると返還が認められることになります。

クレジットカード会社に請求する場合のデメリット

クレジットカード会社に対して過払い金を請求するデメリットは、ショッピング枠まで使えなくなることです。

過払い金を請求したクレジットカード会社は、まずは契約を解除してクレジットカードのすべての機能が利用できなくなるからです。

同様にETCカードの発行をしている方は、ETCカードも使えなくなるデメリットが生じます。

また、クレジットカードで公共料金などの引き落としをしている方は、事前に支払方法の変更手続きをするようにしてください。

銀行系の消費者金融に請求する場合のデメリット

たとえば、銀行のカードローンと、その銀行系の消費者金融から借入れしている方が消費者金融に対して過払い金の請求をすると、銀行カードローンまで利用できなくなるケースがあります。

はっきりと断言できる情報ではありませんが、銀行カードローンの利用が中止となり、返済専用のカードになったという方もいます。

もし、このような状況で過払い金の返還請求をする場合は、このデメリットを回避するため、他のカードローンへの影響についても詳しい弁護士や司法書士に相談する必要があります。

まとめ

過払い金は、消費者金融やクレジットカード会社に対して払い過ぎてしまったお金のことです。この払い過ぎてしまったお金を請求して取り戻す手続きをすると、クレジットカードが利用できなくなったりするデメリットがあります。

また、他のカードローンまで影響が及ぶこともありますので、請求する場合は、過払い金に詳しい弁護士などに相談するようにしましょう。

もしかして申し込みブラック!?取り消す方法や審査に通る方法は?

申し込みブラックの意味について分かりやすく解説してます。

ブラックとなってしまった場合の対処のしかたや注意しなければならない点についても、すぐに理解できるようにまとめてます。

申し込みブラックになると、カードローンやクレジットカードの審査に通りにくくなると言われてます。

しかし、申し込みブラックの状態は、永久に続くものではなく、一定の期間が経過するとブラックではなくなります。

申し込みブラックの基本的な内容と注意点についてまとめてありますので、確認しておくことをおすすめします。

申し込みブラックとは?

一般に申し込みブラックは、1ヶ月以内にカードローンなどの同一サービスに3回以上の申し込みをした状態といわれています。

4回目は絶対に審査に通らないかというと、断言できるわけではありません。

しかし、似たような金利、条件のサービスに申し込んで3回審査に通らなかったので基準を満たしていないと考えることもできます。

また、消費者金融への申し込みで、すでに年収の3分の1近くの借入れがある場合は、法律上の問題により融資できないだけの場合もあります。

そのようなときは、銀行のカードローンに申し込んでみると審査に通る場合もあります。

申し込みブラックであるときの対処法

自分が申し込みブラックだという場合は、6ヶ月待ってから審査を受けるようにしてください。

カードローンやクレジットカードへの申し込みは、申し込みをした日から6ヶ月間は、信用情報機関に情報として残ります。

また、金利の低い銀行カードローンばかりを申し込んでいた方は、消費者金融を選んで申し込んでみるのもおすすめです。

金利は高いですが、一般に銀行よりも審査に通りやすいと言われているので、基準をクリアしている可能性があるからです。

申し込みブラックでも闇金融には手を出さない!

申し込みブラックとなった方の注意点は、間違えても闇金融には手を出さないことです。

闇金融に手を出してしまうと、弁護士が介入しない限り解決できないトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

闇金融に手を出すくらいなら、他の方法でお金の問題を解決することを考えるようにしてください。

借金の返済で困っていたり、生活が困窮しているときは弁護士に相談することで救済方法について検討してもらいます。

まとめ

申し込みブラックは、1ヶ月以内に3回以上、クレジットカードや消費者金融などに申し込んだ状態のことです。

申し込みブラックだからといって審査に通らないわけではありませんが、別の方法についても考えてみる必要があります。

また、審査に通らないからといって闇金融に手を出してしまうと、解決が難しいトラブルに巻き込まれることがあるので注意するようにしてください。

債務整理の全種類をわかりやすく解説!手続方法&メリット・デメリットも

債務整理の種類の違いが分かるように、徹底的に分かりやすい表現でまとめてあります。

メリットやデメリット、お金の問題について、誰に相談すればいいかもすぐに分かります。

債務整理には、任意整理や個人再生、自己破産などがあります。

債権者との話し合いによる和解を目指す、特定調停もありますが頻繁に利用されるものではありません。

このページでは、任意整理と個人再生、自己破産の3つの種類の債務整理について分かりやすくまとめてます。

任意整理の手続きについて

任意整理というのは、法律の手続きによらない弁護士による借金減額の手続きです。

債権者との話し合いを行い、金利を免除してもらう代わりに元本を3年以内の分割払いで返済することを条件に和解をします。

お金を借りた人にとっては、借金の金利負担がなくなり、金融機関にとっては自己破産を回避でき、元本を回収できる可能性が高くなることがメリットです。

個人再生の債務整理について

個人再生による債務整理は、住宅ローンの返済を継続したまま、他の借金について大幅に減額してもらう方法による、法律上の救済制度です。

任意整理に比べると、手続きが認められることが難しく、費用もかかります。この債務整理の特徴は、住宅だけは維持できることです。

また、借金の総額が5000万円以上あったり、債権者と債権額で半数以上の同意が得られる必要があります。

債務整理を依頼した弁護士が個人再生の方針を決めたときにのみ、できる手続きになります。

自己破産について

自己破産は、原則、すべての借金の返済義務について免除してもらう法律上の手続きです。

債務整理を依頼した弁護士が裁判所に申し立てを行い、裁判所から免責許可の決定が得られると借金がなくなります。

ただし、税金などの特定の債務については、自己破産によっても消えることはありません。

また、ギャンブルなどが借金の理由になっている場合に、免責許可が得られない場合がある点に注意が必要です。

免責許可が得られるかどうかは、債務整理の経験が多い弁護士に相談して見るのがおすすめです。

まとめ

債務整理の種類には、任意整理と個人再生、自己破産などがあります。

比較的に多く行われている手続きは、任意整理と自己破産です。

任意整理は、代理人として依頼した弁護士と債権者による話し合いで、金利の免除をしてもらう代わりに元本の部分を分割払いで返済する和解を目指します。

個人再生は、住宅ローンがある方が住宅ローン以外の借金について大幅に免責してもらう手続きです。

自己破産は、税金などの特定の債務を除きすべての借金がなくなる救済手続きですが、ギャンブルなどが借金の理由の場合は、自己破産が認められないこともあるので注意が必要です。

クレジットカード現金化は違法?業者と自分で試すならどっちが安全?

自分でクレカ現金化をしてはいけない理由や仕組みが分かるようになります。

自分で多重債務者に近づく行為をしている理由や現金化対象の商品や大きなデメリットが分かるようになります。

自分でするクレカ現金化には、注意しなければならないポイントがたくさんあります。

現金化する商品を間違えてしまうと換金率が異常に低くなってしまったり、クレジットカードが利用できなくなる可能性もゼロではありません。

また、詐欺の被害に遭う可能性も高く、クレカ現金化による資金調達は、あまりおすすめできる方法ではありません。

自分でする自分でするクレカ現金化の仕組み

クレカ現金化の仕組みは、換金できそうなものをクレジットカードで購入して、購入後に商品を売却してお金を受取る仕組みです。

商品券や新幹線の回数券、ブランド品やゲーム機などが有名ですが、いわゆる金券はクレジットカード会社の監視も厳しく行われています。

また、ブランド品やゲーム機を購入して買取業者に売却できたとしても、換金率は良くて60%~80%程度です。

クレカ強制解約によるデメリット

自分でするクレカ現金化の最大のデメリットは、クレジットカードの強制解約です。

利用していたカードが使えなくなり、同じ会社で再び契約するのも困難になります。

また、クレジットカードの強制解約は、金融事故の情報として信用情報機関に登録されます。

登録から5年は、他の金融機関からも事故情報が閲覧可能な状態になりますので、新たなローンを組むことが難しくなります。

たかが、クレカの現金化くらいでと思われるかもしれませんが、クレジットカード会社は神経質になるほど監視を強めているということを忘れないでください。

借金をしている意識が薄いことのデメリット

クレジットカードの現金かというと、融資を受けている感覚の人もいますが、ここに注意してほしい落とし穴があります。

たとえば、10万円のブランド品を購入して3万円で売却できたとすると、3万円を受取ることができ、3万円借入れしたかのような錯覚に陥ります。

しかし、実際にクレジットカード会社に返済しなければならないのは、ブランド品を購入した代金の10万円です。

このような借金に対する認識のずれがあることで、返済できないほどのカード残高になってしまうこともあるので注意するようにしてください。

まとめ

自分でするとしてもクレカ現金化は、あまりおすすめできる資金調達の方法ではありません。

デメリットも多くあります。

クレジットカードの強制解約や多重債務者になるリスクもありますので、別の方法で借入れを検討するのがおすすめです。

闇金の取り立てを解決する方法!闇金からお金を借りた人の末路とは

闇金の取り立ての手口は、思いのほかシンプルです。

取り立てをやめさせる方法や誰に相談すればいいかも簡単に分かります。

闇金の基本について徹底的に分かりやすく解説してます。

闇金の取り立てときくと、物騒なイメージがありますが、正しく対処をすれば怖いものではありません。

闇金の存在自体が違法であるので、法律的には、借金をした契約は無効であり、返済する必要もありません。

闇金についての正しい情報について理解し、取り立てに対する対策をしっかりと行うことが重要です。

闇金とは?

闇金というのは、貸金業法に違反して設立された組織のことです。

お金を貸すことをサービスとするためには、国による基準を満たして、登録をしなければいけません。

そのような手続きを経ないで設立された組織は、金融機関ではありません。

また、闇金からの借金は、民法でいうところの公序良俗違反や不法原因給付に相当するので、違法な貸付となりそもそも無効という扱いになります。

お金を返せと請求してくるのは事実ですが、法律上は、返済不要の借金という位置付けになります。

取り立ての手口について

闇金の取り立ての手口は、主に自宅や職場に訪問する方法です。

最近では、乱暴な言動をするだけで逮捕されてしまうので、強引な取り立てをするわけではありません。

しかし、家族や職場に内緒にしている方の場合は、訪問する行為そのものが脅迫となります。

闇金の人間は、借入れした人が家族や職場にバレるのは困ることを理解した上で訪問しています。

開き直った人に対しては、手も足も出ないというのが実情になります。

取り立てをやめさせる方法

闇金からの取り立てをやめさせるには、弁護士に依頼するのがおすすめです。

弁護士を代理人に立ててしまえば、直接、本人に請求することができなくなります。

ただし、弁護士に費用がかかってしまうので、闇金以外からの借金もあり、債務整理を依頼するときに有効になります。

弁護士に相談できない事情があるときは、警察や消費者生活センター、日本弁護士連合会などに闇金の通報や相談窓口があるので、それを利用するようにしてください。

まとめ

闇金は、貸金業法にのっとって設立された組織ではないので、そもそもお金を貸すことをサービスにできない存在です。

闇金からの借金は、民法上の公序良俗違反などを理由に、そもそも最初から無効で返済をする必要もありません。

闇金の取り立ての手口は、自宅や職場に訪問するやり方ですが、強引な手段による取り立てについて心配する必要はありません。

闇金からの取り立てをやめさせるには、弁護士に代理人を依頼するか、警察や消費者生活センターなどの相談窓口を利用するようにしましょう。

信用情報を開示請求する時のリスクとは?手数料以外のデメリットは?

信用情報の開示におけるデメリットについてまとめてます。

開示請求をしたことが問題になるのか、その他のデメリットが生じるのかについて徹底的に分かりやすく解説してます。

信用情報機関に対して自分の信用情報の開示を請求すれば、自分がいわゆるブラックかどうかの確認ができます。

しかし、信用情報の開示にデメリットがあると思い、開示請求の手続きを悩んでいる人もいると思います。

ここでは、信用情報の開示請求にかかるデメリットについてまとめてありますので、参考にしてみてください。

費用がかかることのデメリット

自分の信用情報の開示手続きの一番のデメリットは、手続きに費用がかかることです。

シーアイシーや日本信用情報機構では、開示請求に500円から1,000円の費用が発生します。

また、信用情報機関の窓口で請求をする場合は、窓口まで行く交通費も発生してしまいます。

大きな金額ではありませんが、費用が発生してしまうことは、信用情報の開示のデメリットの1つではないでしょうか。

照会履歴が残ることのデメリット

信用情報の開示請求をすると、本人が照会したことの履歴が残ります。

この開示請求したことの履歴は、金融機関も確認できる情報なので、デメリットになると思われるかもしれません。

しかし、自分の信用情報を開示してくれと請求することは、本人にとって当然の権利になります。

この情報は、ネガティブなものではないので開示請求を何度しても審査に影響を与えることはありません。

むしろ、住宅ローンを組む前には、しっかりと信用情報を確認するように言われているくらいです。

信用情報開示のメリットは?

信用情報の開示におけるデメリットは、これ以上ありませんのでメリットについて紹介します。

自分の信用情報を確認するメリットは、不安や迷いがなくなることです。

信用情報が気になるということは、なにか気がかりなことがあったりして、心の中に大きな不安や迷いが生じていることの証拠です。

しっかりと自分の目で信用情報を確認すれば、あとは、ローンの申込みをするかどうかの判断をするだけになります。

人間は、分からない情報に対して不安や恐怖の感情がおきることがありますが、それを克服できるのが自分で信用情報を確認するメリットです。

まとめ

自分の信用情報を開示して確認するデメリットは、手続きに費用が発生することです。

それ以外にデメリットが生じるとすれば、窓口での請求をする場合に交通費がかかるくらいのものです。

信用情報機関に登録される照会履歴については、デメリットになるものではありません。

逆に、しっかりと自分の信用情報を確認しておけば、迷いや不安を乗り越えることができます。